鍵山正和の身長の世界ランキングに怪我!オリンピックにタッカーに杖車椅子も

鍵山正和(かぎやままさかず)は愛知県名古屋市出身のフィギュアスケート選手で、現在はコーチをしています!過去にはオリンピック出場経験もあり、フィギュアスケート選手の鍵山優真選手のお父様です!

今回はそんな鍵山優真選手のお父様である鍵山正和さんのプロフィールや怪我のことについてご紹介していきます!

目次

鍵山正和の身長や鍵山優真の身長

ここではそんな鍵山親子の身長についてご紹介していきます!まず、お父様である鍵山正和さんの身長ですが、160cmという情報になっています!息子の鍵山優真選手はというと、同じく160cmという情報を見つけました!

男性で160cmというと決して高い身長とは言えませんが、優真選手が小柄なのも遺伝である可能性が高いのでしょうね。とは言え他のフィギュアスケート選手も身長が高いイメージはありませんが、そこまで体格差が影響するスポーツでもないでしょう!

鍵山正和の世界ランキング

鍵山優真選手の父である、鍵山正和さんですが現役時代は日本を代表する選手だったようで、ここでは現役時代のことについてご紹介します!

鍵山さんは1991年から全日本フィギュアスケート選手権3年連続で優勝を果たし、1994年の全日本フィギュアスケート選手権では2位という記録を持っています!世界ランキングについても調べてみましたが、ランキングについてはヒットしませんでした。

1994年の世界選手権では自己最高の6位入賞を果たし、現役を引退しています。

鍵山正和の怪我とは?

現役時代好成績を残してきた鍵山正和さんですが、怪我をした経験はないのでしょうか。調べてみた結果、大きな怪我をしたような記録は見つかりませんでした。

フィギュアスケート選手は結構怪我が多いイメージですが、鍵山さんは現役時代大きな怪我はしなかったようですね。怪我することなく競技を続けることは難しいことだと思うので、すごいですね!

鍵山正和のオリンピックの成績

https://twitter.com/koyuki71834715/status/1208715687968919552?s=20

ここでは鍵山正和さんが現役時代に出場したオリンピックでの成績をご紹介していきます!

鍵山さんは1992年のアルベールビルオリンピック1994年のリレハンメルオリンピックの2大会に出場しています!アルベールオリンピックでは13位、リレハンメルオリンピックでは12位という成績で終わっています。

鍵山さんのような選手でもこのような記録なので、やはり世界の壁を痛感しますね。

鍵山正和のタッカーとは?

タッカーとはプログラムの曲の1つで、鍵山正和さんが現役時代によく使っていた曲だそうです!

なんと息子の優真選手も使っている曲で、偶然にも使用曲が合ったそうなんです!優馬選手は、正和さんから現役時代使っていた曲であるということを聞きびっくりしたようです!プログラムで使用する曲も合うなんて、さすが親子としか言いようがないですね!!

鍵山正和の杖と車椅子

https://twitter.com/lesprit_mao_26/status/1342806024437166088?s=20

現在はコーチとして活躍する正和さんですが、46歳の時に脳出血で倒れてしまったようです。なんとか命は取り留めましたが、左半身麻痺という後遺症が残ってしまいました。

後遺症の影響で、歩く時は杖歩行で、長い移動の際は車椅子を使われています。そのような状況にもかかわらず、息子と二人三脚で活躍する正和さんには脱帽です!

まとめ

https://twitter.com/Mikume4S_4Lo_4T/status/1381273541979500550?s=20

さて今回は元フィギュアスケート選手であり、鍵山優真選手の父である鍵山正和(かぎやままさかず)さんについてご紹介してきました。

病気の後遺症がありながらもコーチとして活躍している正和さんと共に戦っている息子の優馬選手の今後の活躍に期待ですね!そんな優真選手は2月開催の北京オリンピックに出場予定です!目が離せないですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる