髙梨沙羅の引退時期や年齢身長!wikiプロフィールに経歴と中学高校大学

間もなく開幕する北京オリンピック、今大会からは男女混合も実施され複数のメダルが期待されるため、スキージャンプに注目されている方も多いと思います。3大会連続のオリンピック出場をきめた髙梨沙羅選手は、2018年平昌オリンピックでは、銅メダルを獲得し、今回の北京オリンピックでは悲願の金メダルを目指しています。

そんな日本の女子スキージャンプのエースである、髙梨沙羅選手の引退時期や年齢身長!wikiプロフィールに経歴と中学高校大学について調べてみました。

目次

髙梨沙羅のプロフィール・経歴・年齢

生年月日:1996年10月8日
年齢:25歳
出身:北海道上川郡上川町
所属:クラレ

髙梨沙羅選手は1996年10月8日生まれの現在25歳です。髙梨選手がジャンプを始めたのは小学2年のときだそうです。山田いずみさんや渡瀬あゆみ選手をテレビで見たのがきっかけで、ジャンプ少年団に入ったようです。

その後順調に成長し、中学2年生で出場したコンチネンタルカップで初優勝しています!高校1年生のワールドカップでは8勝を挙げシーズン個人総合でも優勝!高校2年生の時にはシーズン10勝を挙げて、シーズン個人総合でも2連覇を達成するなど数々の偉業を達成していくことになります。

2014年ソチオリンピックでは、メダルを期待されながら4位に終わりますが、2018年平昌オリンピックでは、見事銅メダルを獲得しています。現在女子歴代最多のシーズン個人総合優勝4回、ワールドカップ通算勝利数61勝、歴代最多の表彰台110回と、男女を通じた世界歴代最多記録を更新中です。この記録も北京オリンピックでさらに更新されるかもしれないですね!

髙梨沙羅の身長体重・スタイル

髙梨沙羅選手の身長は152cm、体重は44kgです。とても小柄な女性ですね!この体格であれだけのビックジャンプを跳んでいるんですからすごいですよね!

スキーのジャンプ競技はBMIルール(身長体重によってスキー板の長さを変えなければならないルール)があります。なので、体重管理には相当気を付けているのではないでしょうか!

髙梨沙羅の中学高校大学

髙梨沙羅選手の実家はセブン-イレブンだったようです。今回の北京オリンピックにも出場する勢藤優花選手とは、幼稚園から中学校まで上川町で育った同級生で幼馴染の関係です。中学校は上川町立上川中学校に通っていました。

高校は、旭川市のグレースマウンテンインターナショナルスクールに進学しています。高校の進学にあたって、インターナショナルスクールを選択したのは、「海外へ遠征した時に英語が喋れると精神的に余裕ができる」という理由だったそうです。

髙梨選手は、競技に集中できる体制を早く整えたかったようで、1日11時間の勉強をしていたそうです!その結果、高校に入学してからたったの4か月で高校卒業程度認定試験(旧大検)に合格しています。これまでジャンパーとしての彼女の報道はたくさん耳にしてきましたが、その裏には競技に対するものすこい努力があったんですね!

高梨選手は日本体育大学体育学部が2014年に新設した『飛び級入学制度』を利用し、17歳のときに入学しており2018年3月に卒業しています。その後、2020年10月に弘前大学大学院・医学研究科に入学しています。まさに文武両道で現在も頑張っているんですね!

髙梨沙羅の引退時期は?

髙梨沙羅選手の引退時期についてはわかりませんでした!髙梨選手は最近のインタビューで「できるだけ長くトップで戦っていたい、進化していきたい」ということを言われています。

髙梨選手は現在25歳なので、年齢的にも次のオリンピックも狙えるほど若いので、まだまだ活躍できるのではないでしょうか!通算の表彰台の記録も、どのくらいまでのばすことができるのかにも注目していきたいですね!

まとめ

今回は、髙梨沙羅選手の引退時期や年齢身長やプロフィールに経歴と中学高校大学について、まとめてみましたがいかがだったでしょうか。ジャンパー髙梨沙羅としての側面が強かったため、学業面での彼女のことは知らなかった人も多かったのではないでしょうか。

ここまで競技に対してストイックに向き合っていることが、髙梨選手の一番の武器なのかもしれませんね!北京オリンピックでは、混合団体もあるので個人団体ともに金メダル目指して頑張ってほしいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる