坂本花織は太り過ぎ太った?渚中学校で神戸野田高校!現在の体重身長スタイルも【北京五輪2022フィギュアスケート】

もうすぐ始まる北京オリンピック。フィギュアスケート女子日本代表に選出されている坂本花織(さかもとかおり)選手にメダルの期待が高まっています。

今回は坂本花織選手にまつわる、太り過ぎや太った説、渚中学校で神戸野田高校!現在の体重身長スタイルについてまとめました。

目次

坂本花織は太り過ぎ太った?

坂本花織選手について調べると、「太り過ぎ」「太った」と話題にする方が多いように思います。実際2018年の平昌オリンピック後には、ベスト体重から3~4キロは増えていたこともあったとか。

また、4回転ジャンプを成功させるための筋力トレーニングの結果の筋肉太りなのではないか、という話もあるため、もしかしたら筋肉がつくとふっくらして見えてしまうだけなのかも知れないですよね。

外国人選手などと比べて太い、という声もあるようですが、骨格の違いなどにもよって左右されるので、こればかりは比べてしまったら気の毒な気もします…。

坂本花織の現在の体重身長スタイル

https://twitter.com/gorin/status/1448498799253598208

坂本花織選手は158cm、49kg標準的なスタイルに思えます。フィギュアスケートは見た目よりも筋肉やスタミナも必要なハードな競技でもありますし、体幹や筋トレも欠かしていないという情報もあります。

実際に会場で競技を見た人は、顔が小さかった!とSNSなどでコメントを残しているようなので、実際にはアスリート的なスタイルなのかと思います。

また、衣装などにもよって見え方が変わるので、実際はほっそりしているけれどテレビなどで見るとあれ?と思うこともあるのかもしれません。

坂本花織は神戸市立渚中学校!どんな学校?

https://twitter.com/yuumi_mashi/status/1383852216419688456

坂本花織選手は神戸市立渚中学校出身です。公立の学校に通いながらスケートを続けていたようです。1998年創立ということから、比較的新しい学校なのですね。

中学時代はジュニアの大会に参加し、中学2年生の時に全日本大会で2位に入るなどの活躍をしています。また、中学卒業まではスケートの他に水泳もやっていたそうで、両立できるのもすごいですよね。

現在のスタイルは、水泳で培った持久力と筋力のなせる技なのかもしれませんね。

坂本花織は神戸野田高等学校!どんな学校?

https://twitter.com/Igc0yH/status/967217250020159489

坂本花織選手は私立の共学校である神戸野田高等学校の出身です。この学校は部活動が盛んなことで有名なのだそう。坂本花織選手が入学した年に共学になりました。

高校2年生の時にシニアデビューを果たし、めきめきと頭角を現し始めます。高校3年生の時に平昌オリンピックに出場し、6位入賞を果たしました。

ちなみに、この神戸野田高校にはフィギュアスケート部があるそうです。高校でフィギュアスケート部ってかなり珍しいですよね。てっきりどこかのクラブチームなどに所属して練習していたのだと思っていました。

まとめ

坂本花織選手についてまとめました。太ったように見えるのは、おそらく演技に必要な筋肉によるものということがわかりました。

確かにフィギュアスケートの衣装は身体にフィットするものが多く、女子選手にとってはきれいに見せるためや演技との両立のための身体造りは並大抵の努力ではないような気がします。

オリンピックでの活躍を期待したいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる