須貝龍(りょう)のwikiプロフィール身長年齢!中学高校大学に成績も【スキークロス北京オリンピック】

須貝龍(すがいりょう)選手は北京オリンピックスキークロスの日本代表選手です。元々アルペンスキーをしていましたが、2018年の平昌オリンピック以降、スキークロスに転向しています。

今回は、須貝龍選手のwikiプロフィール身長年齢!中学高校大学、成績について調べてみました。

目次

須貝龍のプロフィール・経歴・年齢

氏名:須貝龍(すがいりょう)
生年月日:1991年12月11日
所属:チームクレブ
出身地:新潟県
血液型:A型
年齢:30歳

須貝選手は新潟県胎内市出身の現在30歳。両親の影響で2歳のころからスキーを始め、小学校時代は水泳もしていたようです。以降アルペンスキーヤーとして活動を続けオリンピック代表を目指しますが、2018年平昌オリンピック代表入りを逃します。須貝選手はそこからスキークロスへ競技を転向し、わずか4年の間で結果を出してこの度、北京オリンピックスキークロスの日本代表選手となりました。

ウィンタースポーツで全く違う競技に挑戦する事はかなり珍しいことですね。それを須貝選手は26歳の時にやったわけですから、すごく大胆な決断をしましたね!結果としてオリンピック出場を決められたので良かったですね!

須貝龍の所属はチームクレブ

須貝選手の所属はチームクレブ所属になります。須貝選手のスポンサーの中に株式会社クレブという会社があります。株式会社クレブは、リゾート事業を中心に商品の企画、卸、レンタル、オペレーションを全国のスノーリゾートで展開している会社のようです。なのでチームクレブというのは、企業チームなんだと思われます。須貝選手はクレブテクニカルアドバイザーという肩書きをもっているようです。

ウインタースポーツ特に実績のないスポーツは、スポンサーがなかなかつきずらいですから、競技を続けるうえでサポートが受けられるのはありがたいですよね!

須貝龍の成績実績

前述したように須貝選手は、平昌オリンピック後アルペンスキーからスキークロスへ転向しています。転向後最初のシーズンはワールドカップ15位、2シーズン目はワールドカップ5位、3シーズン目では自身初のワールドカップ2位と着実にステップアップしています。これにはヘッドコーチの滝沢宏臣さんも驚いたようですよ。

今シーズンの成績は11月の五輪テスト大会を兼ねたワールドカップ中国大会で7位に入っています。オリンピック会場での好成績は、須貝選手にとって自信につながるのではないでしょうか。

須貝龍の身長体重・スタイル

須貝龍選手の身長は177cm、体重は80kgです。日本人男性の平均身長である約172㎝より少し大きくがっちりした体形をしているように見えます。スキーは一般的には体重があって足に筋肉がついている人が、早いようです。

スキークロスの場合は4~6人の選手が同時にスタートし、接触や転倒も多くありますから須貝選手も相当筋肉質な体をしているのではないでしょうか?

須貝龍の中学高校大学

須貝選手の出身中学校は東小千谷中学校です。中学校時代は小学校時代と同様に水泳とスキーの両方を続けていたようです。

高校はスキー強豪校である八海高等学校に進学しています。高校進学時にそれまでやっていた水泳をやめてスキー1本に絞り、高校1年生の県予選で優勝しインターハイ出場も果たしています。ただその後ケガがあり、高校3年生でやっとスキーができるようになったそうで、高校卒業前に海外でスキーをして、それで終わりにしようと決めたようです。

なので須貝選手は大学へ進学していません高校卒業後、海外を拠点に移し活動を続けていたようです。一度は辞めようと思っていたみたいですが、続けてきてよかったですね!

まとめ

今回は、北京オリンピックスキークロスの日本代表選手である須貝龍選手のwikiプロフィール身長年齢!中学高校大学、成績について調べてみましたが、いかがたったでしょうか。

アルペンスキーからスキークロスへ転向し見事つかんだオリンピック出場。須貝選手は「金メダルを取ることが目標。ずっと目指していた4年に1度の舞台を楽しめれば」と語っています。オリンピック本番の爆発力に期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる