平野英功(平野歩夢父親)はサーフショップ経営で年齢顔画像!スケートパークや居酒屋の名前や場所は?

日本のスノーボード選手といえば、平野歩夢(ひらのあゆむ)選手ですが、平野海祝(ひらのかいしゅう)選手と揃って2022年北京オリンピックに兄弟で出場していることで、ご家族ごと注目されていますよね。

兄の平野英樹(ひらのえいじゅ)選手、弟の平野海祝選手も同じスノーボード選手ですが、スケートパークを運営するお父さんの影響がかなり大きいようです。

平野歩夢選手の父親の平野英功(ひらのひでのり)さんはサーフショップ経営で年齢や顔画像は?スケートパークや居酒屋の名前や場所はどこ?についてまとめました。

目次

平野歩夢の父親・平野英功の年齢や顔画像

平野歩夢選手の父親である平野英功さんは1971年生まれで、2022年現在は年齢が50歳と言われています。頻繁にインタビューや雑誌にも掲載されているので、顔を画像や動画で見たことある方も多いのではないでしょうか。

元々準公務員として勤務されていたそうですが、夢であったプロサーファーをあきらめきれずに、退職し自営業を始め、子育てにも積極的だったという話です。

お子さんたちもサーフィンの道に進めようと思っていたのですが、全員がスノーボードに興味を持ったことで、サポートすると決め、現在に至るそうです。

平野英功はサーフショップ経営?で店名や場所は?

平野英功さんは準公務員を退職したあと、サーフショップを経営し、経営の間で毎日のように夢であったプロサーファーになるため、サーフィンに打ち込んでいたといわれています。残念ながら詳しい場所や店名はわかっていませんが、現在もお住まいの新潟県村上市ではないでしょうか

ですが、子供たちが生まれ、サーフィンではなくスノーボード・スケートボードに興味を持っているとわかると、自身の夢をあきらめ、子供たちに夢を託すことになります。

その後一切サーフィンを行わないのではなく、お子さんたちのトレーニングの一環としてサーフィンも取り入れていたそうですよ!

平野英功はスケートパーク?で店名や場所は?

平野英功さんはお子さんたちの活動を後押しするため、800万円の借金ののちに”日本海スケートパーク”を老朽化していた旧市民会館を改修して建てました

”日本海”というネーミングは新潟県村上市を拠点とする平野家にはぴったりの店名ですよね!

こちらはまだ現存しており、”〒958-0037 新潟県村上市瀬波温泉3丁目4−10”が場所になっており、一般の方も参加可能な屋内のスケートパークでは日本最大級の規模スケートボード場になっています。

平野英功は居酒屋?で店名や場所は?

https://twitter.com/picasso_pubde/status/1418539384526163968

平野英功さんは子供たちのサポートのみならず、実業家として力を発揮しており、スケートパークの運営だけではなく”波具(ばぐ)”という居酒屋も経営しています。

場所は”〒958-0037 新潟県村上市瀬波温泉2丁目5−26”になり、海水浴場や温泉のすぐ近くになります。

元々プロサーファーを目指していた平野英功さんらしいネーミングセンスですし、何よりも本当に多彩な方だなという印象がありますよね!

まとめ

平野歩夢(ひらのあゆむ)選手兄弟の父親の平野英功(ひらのひでのり)さんはサーフショップ経営で年齢や顔画像は?スケートパークや居酒屋の名前や場所はどこ?についてまとめましたがいかがでしたか?

平野英功さんは実業家としても優秀でいらっしゃいますが、”ワールドスケートジャパン理事・日本スケートボーディング連盟副理事・全日本スキー連盟役員”も務めています。

自分自信の夢をあきらめ、子供たちの発展に全力でサポートするお父さんがいるから平野兄弟は、自身の実力はもちろんですが、全員最高の環境で競技に向き合えているんですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる