平野歩夢決勝2回目の得点が低い理由はなぜ?ショーンへの忖度にカナダアメリカスイス!成田童夢は雪煙を指摘!

平野歩夢選手が3度目のオリンピックとなる北京オリンピックハーフパイプで、念願の金メダルを獲得しました!ですが、今大会いろいろな競技でたびたび見かけられる「おかしなジャッジ」が平野選手にもありました。

そこで今回は、平野歩夢決勝2回目の得点が低い理由はなぜ?ショーンへの忖度にカナダアメリカスイス!成田童夢は雪煙を指摘!について調べてみました。

目次

北京五輪スノーボードハーフパイプで平野歩夢の決勝2回目の得点が低いと世界で話題

今回平野歩夢選手は2回目、3回目ともに同じルーティーンで滑っていました。平野選手の2回目の得点が91.75点止まりとなり、直前のスコット・ジェームズ選手の92.50点に及ばなかったことで、世界中の関係者をざわつかせることになりました。

スノーボード競技の礎を築いたとされるアメリカNBC解説のトッド・リチャーズ氏は「あり得ない。ジャッジに対する信頼感は吹き飛んだ。“茶番”だ。腹が立って仕方ない」と大激怒!また、アメリカウィスコンシン州の放送局でレポーターを務めるダン・モロイ氏からも「アメリカ、スイスのジャッジも恥を知れ。バカバカしい」と糾弾

五輪ニュースを扱う海外メディアのシドニー・バウアー記者、米スポーツ専門誌エマ・バクセレーリ記者、ブラジル放送局グーガ・チャクラ氏も怒りのコメントをだし、アメリカ『ESPN』のアリッサ・ローニッヒ氏、ケリー・コーエン氏も95点以上では?と大ショックを受けるなど、ジャッジに対して疑問の声が多数上がる事態となりました。専門家や普段から見てきている記者が疑問に思うのですから、やはりおかしな得点だったみたいですね!

2回目の得点が低い理由はなぜ?カナダスイスが90点でアメリカは89点

平野選手の2回目、3回目の各ジャッジの得点はこちら

・スウェーデン 96→98
・フランス   92→95
カナダ    90→96
アメリカ   89→96
・日本     95→97
スイス    90→95

「トリプルコーク1440」をはじめ、1440を3度も入れる史上最高難度のルーティンをくりだした平野選手。完璧に見えた2回目の得点は伸びず91.75点。3本目で大逆転し、結果として金メダルはとりましたが競技終了後、平野選手自身も「点数は納得いっていなかったけど、怒りが自分の中でうまく表現できた」とコメントするなど、納得がいっていなかったようです。

ネット上ではカナダ、スイス、アメリカの得点の低さについて人種差別やアジア人差別を疑う声もでてきているようです。もし仮にそういった差別感情で採点を付けているなら、その人たちのジャッジの資格をはく奪すべきだと思います。何よりその競技を侮辱する行為になると思います。

ショーンへの忖度の可能性?ショーン4位になった後に平野の得点が急上昇

今回4位に終わったショーン・ホワイト選手ですが、ショーンのために平野選手の2回目の得点を抑えたんでは?といった声もありました。実際アメリカのジャッジは7点も上がっていますね!また、銅メダルを獲得したヤン・シェレル選手はスイスの選手で、スイスジャッジも自国びいきが疑われるジャッジをしている感じでしょうか?

カナダはアメリカと近しく、決勝進出した選手がいなかったので、ショーンびいきと疑われても仕方ない感じの点数ですかね?どの採点競技にも言えることですが、ジャッジには説明責任も果たしてほしいものです!

ミヤネ屋出演の成田童夢は雪煙を指摘!

平野選手の2回目の点数が低くなった要因を成田童夢さんがミヤネ屋に出演して推論しています。成田さんはトリックの高さ、着地の際のズレ、着地の位置が大事であることや、雪煙に注目し2本目は雪煙が5本中3、4回上がっているため回り切れていないとジャッジされたと推論していました。

ただこの説明が正しかったと仮定するなら、今度はスウェーデンジャッジの96点、日本ジャッジの95点が高すぎるということになると思うのですがどうなんでしょうかね?問題の本質はジャッジ間の得点の差が、離れすぎだったことにあると思います。

まとめ

今回は、平野歩夢選手の決勝2回目の得点が低い理由はなぜ?ショーンへの忖度にカナダアメリカスイス!成田童夢は雪煙を指摘した件について調べてみましたが、いかがたったでしょうか。

結果として平野歩夢選手が3回目をきっちりしめてくれたおかげで、無事金メダルを獲得し大惨事には至りませんでしたが、今回の北京オリンピックでは、スキージャンプの多数の失格を出した問題やショートトラックの判定、ワリエワ選手のドーピング問題などいろいろすっきりしないことが多い印象になっていますね!もっとアスリートそのものにスポットが当たる大会になってほしいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる