小平奈緒の夫旦那や結婚相手!看護師で自宅住所に中学高校大学も【北京五輪2022スピードスケート】

小平 奈緒(こだいら なお)さんは日本のスピードスケート選手で、オリンピック日本女子スピードスケート史上初の金メダリストです。

小平奈緒さんの経歴や年齢、所属する相澤病院についてや結婚相手などについても調べてみました!

目次

小平奈緒が北京オリンピックのスピードスケート500m・100mに出場

小平奈緒選手は2021年に行われたスピードスケートのW杯・500mで2位に入るなどの活躍で、北京オリンピックのスピードスケート500m・100mに出場が決定しました!

小平選手は前回の平昌オリンピックの500mで金メダルを獲得しているので、今大会でも活躍が期待されています。

小平奈緒のプロフィールに経歴・年齢・出身

小平奈緒選手の経歴・年齢・出身などについて調べてみました。

生年月日:1986年5月26日
年齢:35歳(2022年1月現在)
出身地:長野県茅野市
身長:165cm
所属:相澤病院

小平奈緒選手がスケートを始めたのはわずか3歳の時だったそうです。最初はよちよち歩きでしたが、小学校から「豊平小スケートクラブ」に入って毎日練習をしていました。茅野市立北部中学校2年の時に500mの中学記録を更新し、全日本ジュニア(スプリント部門)では史上初の中学生王者に輝きました。高校と大学でもスケートを続け、多くの国内タイトルを獲得しています!

社会人になってから出場した2009年11月7日のISUワールドカップ・ベルリン大会で500m3位、1000m2位に入り世界のレースでも活躍し始めました。

小平奈緒の中学高校大学

小平奈緒選手の出身校について調べてみました。

中学:茅野市立北部中学校
高校:伊那西高等学校
大学:信州大学教育学部

伊那西高等学校(いなにしこうとうがっこう)は、長野県伊那市西春近くにある私立女子高等学校で新体操部はインターハイ出場の実績があるそうです。

大学は信州大学教育学部に進学し、卒業論文でテーマに選んだのはスピードスケートのカーブ滑走動作を科学的に分析することでした。カーブの入り口から出口までの第一カーブのエリア全部を、複数のカメラで見ることによって立体的にコンピューターで合成し分析していたそうです!

学生生活はずっと地元の長野県で過ごしていたんですね!

小平奈緒の出身や自宅住所

小平奈緒選手の出身や自宅住所について調べてみました。

小平奈緒選手の出身は長野県茅野市で、自宅住所は出身中学の茅野市立北部中学校がある長野県茅野市湖東の周辺だと考えられます。茅野市は東京から電車で2時間で長野県のほぼ真ん中にあります。八ヶ岳の西側に裾野が広がり、高い山々に囲まれた諏訪盆地の一角にあります。

八ヶ岳や白樺湖、車山など観光資源を多く抱え風光明媚な観光都市で育った小平奈緒さんは、その独特な言い回しから『氷上の詩人』と称されています。

小平奈緒の相澤病院と看護師

小平奈緒選手の相澤病院と看護師について調べてみました。

小平奈緒選手は信州大学教育学部を卒業し、相澤病院のにスポーツ障害予防治療センターのスタッフとして採用されました。
実は一度他の企業に内定が決まっていたのですが、リーマンショックの影響で内定が取り消されました。しかし、高校時代に怪我をして通院していた相澤病院に、小平選手の方から『なんとかなりませんか?』というお話があり採用されたそうです。

病院の仕事はしておらず相澤病院から給料や家賃、遠征費を支給してもらい、年間1千万円超の活動費のほとんどを賄ってもらいながら、「長期出張」扱いとして競技に打ち込んでいたそうです。

小平奈緒の結婚相手や夫旦那

最後に小平奈緒選手の結婚相手や夫旦那について調べてみました。

調べてみましたがどうやら結婚はしていないみたいです。小平奈緒選手は小学生の時に「未来年表」として「何歳で結婚、いつ子どもを産む、オリンピックに出場」と書いていたそうですが、やはり競技とプライベートの両立はトップアスリートになればなるほど難しいのかもしれません。

まとめ

オリンピック日本女子スピードスケート史上初の金メダリストとなり、北京オリンピックでもメダルが期待される小平奈緒さんについて紹介しました。

この4年間の間に女子スピードスケート界の勢力図は変わりましたが、日本や地元・長野県の期待を背負って素晴らしい活躍をしてくれることを期待しましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる