福島のり子(スキー解説)の今現在の年齢や結婚旦那夫子供!引退後の仕事は?【北京オリンピック】

日本のプロスキーヤーとして活動されていた福島のり子さん。2010年のバンクーバーオリンピック女子スキークロス代表として出場し、22位という成績を残しています。2013年8月に、スキー競技を引退した福島のり子さんは今現在何をされているのでしょうか。

今回は、福島のり子さん(スキー解説)の今現在の年齢や結婚旦那夫子供!引退後の仕事について調べてみました。

目次

福島のり子が北京オリンピックの解説に登場

女子スキークロス代表としてバンクーバーオリンピック出場経験もある福島のり子さん。彼女は今回の北京オリンピックフリースタイル女子スキークロスで解説者として出演されています。

また白馬村で地元の渡部暁斗選手、善斗選手が出場したノルディックスキー複合男子個人ノーマルヒルの応援イベントにも参加されています。やはりオリンピック出場経験がありますから、こうした時は解説等のお仕事も増えるのでしょうね!

福島のり子の今現在と年齢は?

福島のり子さんの生年月日は、1979年10月18日生まれの現在42歳になります。モーグル選手だった上村愛子さんは高校の同級生なんですよ!二人ともお若いですね!

福島のり子さんは2013年3月、スウェーデンのオーレで行われた大会で転倒した際、骨盤骨折してしまいます。その後リハビリを続けていきますが、33歳の時に引退されています。スキー競技引退後は、フリーライディングの舞台に活動のフィールドを移して個人として、スキーを楽しんでいるようです。

福島のり子の結婚した夫や子供は?

福島のり子さんは、2011年の時に野沢温泉スノーボードスクールの丸山格さんと結婚されています。お二人の間には3人の子供たちがいます。

福島さんは子供たちと一緒にキャンプに行ったり、ゲストとの時間も共に過ごしているようです。スキーに関しても母であるのり子さんが、楽しんでいるのを見て子供たちもスキーが大好きになったそうです。

子供たちに里山暮らしの体験をたくさんさせたい」と語っていますから、現在の白馬での環境は彼女にとってとても理想的なんですね!

福島のり子の引退後の仕事や活動は?

福島のり子さんは引退後、白馬岩岳スキー場の麓にある民宿で実家のロッジ「やまじう」を運営しています。また、グリーンシーズンは湖や川でアウトドアガイドサービス「Mauka outdoor」の運営もされているようです。

その他にも福島のり子、佐藤藍、大池朋未の3人の女性スキーヤーで2014年に結成した「山女子部」での活動もされています。「山女子部」での活動は、バックカントリーでのテクニックやスキル、知識を深め女性スキーヤーたちが気兼ねなくステップアップできる場にするため、キャンプやツアーを開催しています。

いろいろな活動をされていますね!やはりスキーヤーなのでとてもアクティブですよね!

まとめ

今回は、福島のり子さん(スキー解説)の今現在の年齢や結婚旦那夫子供!引退後の仕事について調べてみましたが、いかがたったでしょうか。

子育てに仕事にと大忙しな印象の福島のり子さんですが、「スキーは心の支え。どんなに忙しくても、目の前のゲレンデで数本でも滑ることで心のバランスが取れる」とコメントされていますから、今の白馬での環境は最高なんでしょうね。おそらく今後もアクティブに活動されていくのではないでしょうか!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる