鈴木猛史の結婚相手妻嫁に子供と中学高校大学!出身地に父親母親兄弟【北京パラリンピック/ アルペンスキー】

北京パラリンピックのアルペンスキーに出場する鈴木猛史選手。これまでに冬季パラリンピックで3つのメダルを獲得しています。直前のパラアルペンスキー・ジャパンパラ大会では回転男子座位で優勝しており、北京パラリンピックでもメダル獲得が期待されている選手です。

今回は、鈴木猛史選手の結婚相手妻嫁に子供と中学高校大学!出身地に父親母親兄弟について調べてみました。

目次

鈴木猛史の結婚相手妻嫁に子供

鈴木猛史選手は、2016年6月に結婚しています。奥さんの旧姓は荒響子さんで、元NHK福島放送局のキャスターでした。二人の馴れ初めは、ソチパラリンピック後に響子さんがパーソナリティをしているラジオ番組に、金メダルを獲得した鈴木選手が凱旋出演し、意気投合したことがきっかけなんだそうです。

現在仙台でフリーアナウンサーをしている響子さんは、NHKラジオ第一「マイあさ!」で宮城県リポーターをつとめる他、映像ナレーション、子どもたちへの絵本の朗読、司会やMC業など多岐にわたる活動をされています。

また結婚から2年後、お二人の間には愛士(まなと)くんという息子が生まれています。妻にメダルを見せたい、息子にとってかっこいいお父さんでいなくちゃいけないということが、モチベーションになっていると語っている鈴木選手。北京パラリンピックでその願いがかなうといいですね!

鈴木猛史の中学高校大学

鈴木猛史選手の中学については公表されていませんでした。ですが、大学進学で親元を離れたと言っていますので地元の学校だと思われます。鈴木選手は、中学在学中の2003年にアルペンスキー世界選手権への初出場を果たしています。

鈴木猛史選手の高校は福島県立猪苗代高等学校です。高校3年生の時にトリノパラリンピックに出場しています。鈴木猛史選手の大学は駿河台大学に進学しています。大学進学を機に親元を離れた鈴木選手ですが、慢心と乱れた食生活のためゴールすらできない試合が続いてしまいます

不甲斐ない成績が悔しかった鈴木選手は、生活を見直し2010年のバンクーバーパラリンピックで男子座位大回転で銅メダルを獲得しています。

鈴木猛史の出身地

鈴木猛史選手は、福島県耶麻郡猪苗代町の出身です。猪苗代町には白鳥浜という白鳥飛来地があります。11月上旬になると、シベリアから白鳥が飛来してくるそうですよ!白鳥の数はなんと2000羽以上で、例年4月頃まで見られるそうです。

また日本百名山のひとつである磐梯山や、猪苗代湖、たくさんのスキー場もある自然にあふれた観光地でもある猪苗代町。幼い頃から運動が好きだった鈴木選手も家族でいろいろなところに行っていたんでしょうね!

鈴木猛史の父親母親兄弟

鈴木猛史選手の家族構成は祖父母と両親、二人の妹の7人家族で鈴木選手は長男になります。両親の名前は鈴木保さん、弘子さんです。妹さんたちの情報はありませんでした。

鈴木選手の生まれた猪苗代町はスキーの盛んな地域ということで、「学校の授業で恥ずかしくない程度に」と母親に勧められてスキーを習っていたそうです。

小学校入学前から父、保さんとスキーに出かけていた鈴木選手は、スキーが大好きでやさしい少年でしたが、事故にあった後も学校や周りの友達から特別扱いされなかったおかげもあってか、明るさとやさしさは変わらなかったそうで、チェアスキーと出会って以降も、以前と同じようにゲレンデに出かけるようになったそうです。

みんながみんなそうとは限りませんが、「特別扱いされなかった」というのが鈴木選手にとっては大きかったんでしょうね!

まとめ

・鈴木猛史選手の妻は仙台でフリーアナウンサーをしている響子さんで、愛士くんという息子がいる
・鈴木猛史選手の中学は不明、高校は福島県立猪苗代高等学校、大学は駿河台大学
・鈴木猛史選手の出身地は福島県耶麻郡猪苗代町
・鈴木猛史選手の父親は保さん、母親は弘子さん、妹が2人いる

前回の平昌パラリンピックでは男子スーパー複合4位・男子大回転4位とおしくもメダルに届かなかった鈴木選手。今回の北京パラリンピックでは得意としている回転でメダルを狙っていきたいと語っています。前回の雪辱なるかに注目ですね!応援していきましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる