小須田潤太のwikiプロフィール経歴に身長年齢!成績に仕事職業【北京パラリンピック/スノーボード】

北京冬季パラリンピック開幕まで間もなくとなりました。今回ご紹介するのはイケメンと話題の小須田潤太選手になります。

小須田選手は東京パラリンピックにも陸上競技で出場されていて、夏冬どちらでも活躍している二刀流のパラアスリートになります。今回の北京パラリンピックではスノーボード競技に出場します。

今回は、そんな小須田潤太選手のプロフィールに身長体重や成績、仕事について調べてみました。

目次

小須田潤太のプロフィール・経歴・年齢生年月日

・名前:小須田潤太(こすだじゅんた)
・生年月日:1990年10月5日
・年齢:31歳(2022年3月現在)
・出生地:埼玉県所沢市
・所属:オープンハウス
・競技種目:100m・走り幅跳び・スノーボード
・クラス:T63(右大腿部切断)

小須田潤太選手はもともとは健常者でした。21歳の時に、居眠り運転が原因で事故を起こしてしまい、その際右脚の大腿部を切断しています。

その後2015年24歳の時に、陸上競技をはじめパラリンピック出場を目指し、昨年行われた東京オリンピックに出場を果たしています。

また3年ほど前からはスノーボード競技も始め、短期間ながら実力を伸ばした小須田選手は、北京冬季パラリンピックの出場を決めています。

小須田潤太の身長体重

https://twitter.com/parasapo/status/1432289493470650370

小須田潤太の身長や体重を調べてみましたが、公式に上がっている情報はありませんでした。

上のツイッターの画像を見ればわかるように、彼は陸上競技の選手でもあります。アスリートなだけに無駄な脂肪のない、すごくいい体をしていますよね!

今現在はスノーボート競技のほうに重点を置いているはずです。滑るのに体重があるほうが有利なので、もしかしたらこの時よりも体重を増量しているかもしれませんね!

小須田潤太の成績実績

https://twitter.com/paraspoplus/status/1496103782404747264

小須田潤太選手は前述したように、夏冬二刀流のパラアスリートです。昨年行われた東京パラリンピックでは、走り幅跳びと100mに出場しています。走り幅跳びでは5m95の自己新記録で7位入賞をはたしています。翌日の100mでは予選敗退となっています。

スノーボートの方の成績は、今シーズンに行われたワールドカップフィンランド大会で3位を記録しています。北京パラリンピックでもメダルの獲得に期待したいですね!

小須田潤太の仕事職業

小須田潤太選手は高校時代、引越し業者のアルバイトをしていました。その後契約社員として働き、事故後は事務職員として働いていたそうです。

ですが、陸上競技でパラリンピックを目指すうえで、練習に打ち込む環境を求めた結果、2016年9月に現在の職場であるオープンハウスへ転職しています。オープンハウスは不動産事業の会社になります。

その後、同じパラアスリートの山本篤選手の誘いにより、大阪で練習をしたいという思いが芽生えた小須田選手は会社に相談、2019年4月に大阪支社法人営業部に異動しています。

小須田選手は勤務時間等の融通はしてもらっているようですが、いろいろと模索することも多いことからアスリート契約ではなく、働きながら競技を続けているそうです。これから先のことはわかりませんが、彼にとってはこれが、競技と仕事のバランスが一番取れている状態なのでしょうね!

まとめ

今回は、小須田潤太選手のプロフィールに身長体重や成績、仕事について調べてみましたがいかがたったでしょうか。

小須田選手は小中学校時代、毎年スノーボードをやっていたと語っていますが、本格的に取り組み始めて短期間で結果を出して、メダル争いをしているんですから、本人の努力だけでなくもともと運動神経も良かったのでしょうね!

夏の東京パラリンピックから半年足らずで、今度はスノーボーダーとして参加する、初めての冬のパラリンピックになる小須田選手。メダル獲得も夢ではない成績を上げていますから、期待したいですね!応援しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる