豊田徳幸船長の顔画像facebookに経歴プロフィール!会社社長と知床遊覧船事故KAZU1

2022年4月23日に北海道知床半島の沖で起こった観光船、KAZU1(カズワン)の事故が、テレビやネットのニュースで大きく取り上げられています!今のところ生存者が確認されておらず、引き続き安否不明の乗客乗員の捜索が続けられています。

そこで今回は、事故をおこした知床遊覧船KAZU1(カズワン)の船長豊田徳幸さんの顔画像facebookに経歴プロフィール!と勤めていた会社の社長について調べてみました。

目次

知床遊覧船KAZU1の事故について

https://twitter.com/noriNO282811/status/1518209524544327680

2022年4月23日に、北海道知床半島の沖合で乗客乗員26人が乗った観光船KAZU1(カズワン)が消息を絶った事故が起こっています。現状で発見された方々は、子供も含めて11人ですが、全員の死亡が確認されています。

伝えられているところによると、船体は沈没している可能性が高いとのことで、巡視船や航空機のほか、水中音波探知機も使用して残っている安否不明者の捜索を続けているとのことです。生存者の発見は難しいのかもしれませんが、せめて全員が発見されることを期待したいと思います。

豊田徳幸船長のプロフィール・経歴

ここでは、事故を起こしてしまった観光船KAZU1(カズワン)の船長である豊田徳幸さんが、どんな方なのか見ていきましょう!

・名前:豊田徳幸
・生年月日:1967年5月27日
・年齢:54歳
・住所:北海道斜里町
・出身:埼玉県蕨市

豊田徳幸さんは、2013年5月2日から2018年7月31日までの間、日本水陸両用車協会の職員として、長崎県で船長ドライバーの仕事をしていたようです。その他にもバスの乗務員の経験もあるようです。出身は埼玉ですが、知床には単身赴任という形で、2年前からきていたようです。

豊田さんは、甲板員としての仕事を経て、2021年から今回事故を起こしたカズワンなどの船長を務めていたとされています。

寡黙で仕事熱心な人と関係者は語っていますが、実はカズワンでの事故は今回が初めてではなかった、ということが分かっています。豊田さんは昨年6月にもカズワンで座礁する事故を起こしており、2022年1月に業務上過失往来危険の罪で書類送検されていました。

今回の事故で船体が傾いているといった報道がなされていましたが、やはり前回同様座礁だったのでしょうかね?だとしたら、前回の経験が生かされなかったということになってしまい、とても残念に思います!

豊田徳幸船長のfacebook

すでにネット上では事故を起こしてしまった、豊田徳幸船長のfacebookが特定されています。

そこには背景の画像に自身の免許証を掲載しており、またこれまでの経歴や学歴といったものも公開されているようです。豊田船長のfacebookで公開されているのは、それだけだはありません。

実は勤めていた会社がブラック企業で右往左往しているといった投稿もされています。しかもその投稿は、最近されているものということで、漁師すら船を出さない当時の状況にもかかわらず、会社からの指示で逆らうことができなかったのかもしれない、といったことが想像されてしまいますね!

豊田徳幸船長の会社の社長

ここでは、事故を起こしてしまった観光船KAZU1(カズワン)の会社の社長について調べてみました。

このカズワンを運営する会社の名前は、有限会社知床遊覧船という会社名のようです。この会社の社長についての情報は出てきていないようですが、実はこの知床遊覧船という会社は、有限会社しれとこ村が経営しているということが分かっており、その会社の代表は桂田精一氏であることが判明しています。

そこからSNS上ではこの桂田精一氏という人物が、知床遊覧船の社長であるという伝えられ方をしているようですね!記者会見の場を設けるとのコメントを社長は出していますが、どういった説明をされるのか注目が集まりそうです!

まとめ

今回は、事故をおこした知床遊覧船KAZU1(カズワン)の船長豊田徳幸さんについて見てきましたが、いかがだったでしょうか?

事故を起こしてしまった豊田徳幸船長ですが、調べるにつれブラックとされている企業側の運営責任の方が大きく人災事故の側面を指摘する声が、SNS上では大きくなってきている印象ですね!

記者会見が開かれるそうですが、船長に責任を丸投げしないことを望んでしまいます。また安否が不明の方々の一刻も早い発見を祈りたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる