桂田精一社長のプロフィール経歴年齢とfacebook顔画像!経営ホテルの名前に知床遊覧船事故のKAZU1

沢山の観光地がある北海道の中でも、世界自然遺産にもなっている北海道東部に所在する知床半島で悲しい事件が起きていますね。

知床半島の自然を満喫するために運航されていた知床遊覧船KAZU1ですが、今回の事故以外にも様々問題を抱えているようです。

そこで今回は知床遊覧船事故を起こしたKAZU1の運営会社の桂田精一(かつらだせいいち)社長年齢や顔画像Facebookなどのプロフィールに経歴、経営しているホテルの名前などリサーチしてみました!

目次

知床遊覧船KAZU1の事故が大きく話題

北海道の東部に位置する知床半島の自然を満喫するための遊覧船KAZU1が座礁するという事故を起こし、更に運営自体にそもそもの問題があったのではないかと大きく話題になっています。

当日はKAZU1以外の遊覧船は全て運休をしている中で、運航をしていたことから管理問題による天災ではなく人災なのではまで言われている状況です。

また、運営会社の桂田精一社長の対応が誠意を感じられないという声も大きく、批判の的になっています。

今回の運営会社は数年前にいきなり社長が変わり、従業員もあまり経験のない方で固められていたという話もあり、続々と報じられる内容に胸を締め付けられる思いの方も多いですよね。

桂田精一社長のプロフィール・経歴・年齢

桂田精一社長のプロフィールをご紹介します。

名前:桂田精一
読み方:かつらだせいいち
年齢:59歳(2022年4月現在)
職業:元陶芸家
出身地:北海道斜里郡
経営会社:有限会社しれとこ村など複数

今回悲しい事故を起こしてしまった知床遊覧船のKAZU1の経営会社の代表である桂田精一社長は、元々陶芸家であり、経営や船の運航については素人同然と言われています。

また、小山昇氏による経営コンサルで学んではいるが、圧倒的に知識不足の中で経営されていたという事から批判の声も大きいようです。

そして元々北海道斜里郡の出身である桂田精一社長父親が町議や神社の宮司という噂もあり、そういった影響力もあり今の会社経営を行えているのでは?とも言われています。

真偽は定かではありませんが、ネット上や地元の方からの評判もあまりよくないという声もあり、あまりにも今回の事故の被害者が気の毒であるとしか言いようがありませんよね。

桂田精一社長のfacebook

桂田精一社長は自身で運営しているSNSがあると言われており、中でもFacebookの更新が多かったようです。

現在はほとんど更新がないようですが、勤務先や出身校の記載により、ほぼご本人なのではと言われています。

またご本人と同姓同名のTwitterアカウントもあると言われており、先述にもある経営コンサルの小山昇氏の投稿に反応していることからこちらも本人ではないかと言われていますが、確定した情報ではありません。

桂田精一社長のfacebook
https://ja-jp.facebook.com/seiichi.katsurada

桂田精一社長の経営するホテル3つ

https://twitter.com/V7nGsSaJo4wzquz/statuses/1498276654694944773

桂田精一社長は今回の遊覧船の運営会社である有限会社しれとこ村としてホテルの経営もされていると言われています。

・しれとこ村つくだ荘
・流氷と温泉の宿 海に桂田
・ホテル地の涯
・shiretoko hostel hanare

上記以外にも知床海岸食堂の経営や、shiretoko民宿協会の会長でもあったという説もあります。

元々陶芸家だった桂田精一社長は経営コンサルで学んでから経営業をしているとのことですが、それなりに地元でも影響力の強い方だったのかな?と思います。

まとめ

今回世界自然遺産でもある知床半島の観光遊覧船KAZU1が引き起こした座礁事故ですが、事故のみならず会社自体に問題があったのではと言われている状況でしたね。

また海や船に関しての知識自体は、特に経営者が一番知っていないといけないというルールはないかと思いますが、従業員等も一掃していることで今回のような事故が起きてしまったのではないかと思うと、胸が痛くなるお話です。

桂田精一(かつらだせいいち)社長自体が、ご遺族の方に真摯な対応を取ってないとも言われていますが、運営に問題がなかったと思っているのであれば、誠意をもって対応してほしいなと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる