しれとこ村つくだ荘事件にグループ会社概要に社長桂田精一!元スタッフ賃金未払い問題も【知床遊覧船】

知床遊覧船事故による桂田精一社長の謝罪会見が話題になっていますね!注目度の高いニュースなのでご覧になった方も多いと思います。今回事故を起こしてしまった知床遊覧船は、しれとこ村グループの一つですが、とある元従業員とされる方のFacebook上での告発投稿に注目が集まっています!

そこで今回は、しれとこ村つくだ荘事件に知床遊覧船のグループ会社概要、話題となっている桂田精一社長や元スタッフ賃金未払い問題について調べてみました。

目次

知床遊覧船事故で桂田精一社長が話題

これまでメディアの取材を避けてきた印象があった桂田精一社長ですが、知床遊覧船事故の記者会見を行ったことで話題になっていますね!

土下座からはじまった記者会見ですが、桂田精一社長の第一声、お騒がせしてということに違和感を覚える方も多くいたようです。その一方で、記者会見の前に家族への説明会も一人で行っていることから、多少の言葉のチョイスミスを責めても仕方ない、といった感じのコメントもSNS上で見られました。

いろいろな角度からこの会見を見ていた人がいたようで、質問しているマスコミの質を問題視するコメントも多くみられ、これに関しては完全に同意したいと思います!

知床遊覧船のグループ会社概要

事故を起こしてしまった知床遊覧船ですが、この会社はしれとこ村グループの一つになります。ここではしれとこ村グループについて見ていきたいと思います。しれとこ村グループは、世界自然遺産となった知床で4つの宿と知床遊覧船を含めた、様々な施設を運営しているとのことです。4つの宿の名前はこちらになります。

・世界自然遺産の宿 しれとこ村
・流氷と温泉の宿 海に桂田
・秘境知床の宿 地の涯
・shiretoko HOSTEL hanare

その他の運営しているものが、以下になります。

・知床遊覧船 世界自然遺産断崖クルーズ
・『流氷浴』 ザ・キムンカムイ THE KIMUN-KAMUY
・知床うまいぜ 世界自然遺産の地から産地直送 

今回一躍悪い意味で有名となったしれとこ村グループの知床遊覧船ですが、今ネット上ではその他のグループ会社でも問題があったとされているようです。その問題について次項で触れていきたいと思います。

しれとこ村つくだ荘の事件

前項でもあげたように知床遊覧船意外でも、問題があったとする投稿が自称元従業員としている方のFacebookに挙げられていたようです。その事件の内容について見ていきたいと思います。

事件が起こったとされているのが、2019年6月23日のことと記載されています。その投稿では、しれとこ村つくだ荘の向かいにあるゲストハウスハナレで女性専用の部屋に鍵がないことや、そのためにモンゴル人観光客が深夜に侵入し、フランス人観光客が被害にあったと告発しています。

また被害にあった方の通訳や病院などに付き添っていた女性従業員に対して、経営陣は事件の隠蔽を指示するなど信じられない対応をしていたということです。この方の投稿では、他にも問題があったとして、さらに書かれていました。次項で見ていきましょう!

しれとこ村の元スタッフ賃金未払い問題

その方の投稿によると、2019年8月1日には従業員同士による暴行事件があったとされ、完全な労働基準法違反で長期間の勤務をしいられていた旨も記載されています。そうしたブラックな職場環境で、スタッフに対する賃金の未払いやいじめもあったとされ、そうしたことを経営者側に訴えても聞く耳を持ってはもらえなかったようです。

この投稿に関しては事実かどうかは、確認できていませんが、具体的な日時が記載されていることや、これまでの知床遊覧船事故によって取り上げられている、桂田精一社長の経営姿勢から考えてみても、信ぴょう性は高いのかもしれないという感想を持ってしまいますね!

まとめ

今回は、しれとこ村グループで起きていたとされる元従業員の投稿記事などを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

今回の謝罪会見でも桂田精一社長に対する評価は、おおむね悪いものとなっているようでした。今回の調査での投稿記事は、本当にあったものかはわかっていませんが、仮に事実であったとしたならば、やはり闇が深そうに思います!

利益追求の経営姿勢や、業務に対するモラルの欠如といったものが、やはり今回の大惨事を招く一因となっているかもしれず、そういう意味でも桂田精一社長に対する責任の重さを感じてしまいますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる