山梨道志村人骨のDNA鑑定結果や大きさは?靴や靴下劣化してない?【キャンプ場女児行方不明】

山梨県の道志村キャンプ場で行方不明となった小倉美咲さんの一件ですが、子供の頭蓋骨の一部とみられる人骨が発見されて以降、関連性の可能性も視野に入れ、再び捜索活動が連日行われています。

捜索活動の結果として、これまでに子ども用の左右の運動靴と片方の靴下が発見されており、これらの発見物が小倉美咲さんと関連しているのか?現在警察では、鑑定を行っています。

そこで今回は、キャンプ場で女児行方不明となっている山梨県の道志村で、発見された人骨の大きさやDNA鑑定結果の時期について、また発見された運動靴や靴下の劣化状況について調べてみました。

目次

道志村での人骨発見とキャンプ場女児行方不明の関係

子どもの頭の骨の一部が見つかった山梨県にある道志村ですが、この場所では以前にキャンプ場から小倉美咲さんがいなくなった場所でもあったため、関連性も視野に捜査が進められています。

人骨発見の一報を捜索ボランティアの男性から受けた警察は、発見場所を中心に捜索活動をすすめており、美咲さんがいなくなった時に履いていた運動靴と、サイズやメーカーが同じで色も酷似している両足の運動靴を発見しています。

このことからもこうした発見物が美咲さんのものである可能性が高いと考えられ、現在警察でDNAなどの鑑定が行われています。実際にこうした物証が次々に出てきてしまうと、最悪の可能性を考えてしまいますね!

道志村の人骨のDNA鑑定結果はいつ出る?

道志村で発見された人骨ですが、今のところDNAの鑑定結果は出ていないようです!

今回見つかった人骨については、数センチ四方の大きさの頭の骨の一部であること、性別は不明なものの若い人の骨であること、亡くなってから数年は経過しているといったことが、推定されているようです。

DNAの鑑定結果がいつ出るのかは正確には分かりませんでした。これに関しては、発見された骨の状態にもよるのかもしれません。調べてみたところ、遺体の状態が悪い場合は結果が出るまでに1か月くらいかかることもあるようです。一部報道では近いうちに鑑定結果が出るという報道もされており、注目が集まりそうです。

靴や靴下も発見で劣化してない?

人骨が発見された場所を中心とした捜索でみつかった、小倉美咲さんの履いていたものに似ているとされている運動靴や靴下といった物証ですが、警察の発表によるとそれほど劣化していないとされています。

美咲さんがいなくなって2年7か月という年月が経っていますが、仮に本人のものだとした場合、その間雨や土砂といった風雨にさらされてきたことが想定されるため、劣化状態については疑問が残るようです。

現状では事件、事故の両面で捜査は行われているそうですし、鑑定作業も進められていますから、本人のものなのかも含めていずれは解明されていくのだと思います。

なぜ今人骨や靴が発見されている?

小倉美咲さんの行方が分からなくなって以降、これまででおよそ5200人以上の方が捜索活動にあたられていたようですが、ここにきて人骨や運動靴などの発見が相次いでありました。やはり疑問に思うのは、なぜ今になってこれだけの物証が発見されるのか?ではないでしょうか。

報道によると、相次いで発見されている場所は枯れた沢で、岩などの堆積物が多くあり発見しづらい場所であることや、上流からこれらの物証が発見された下流へ流されてきた可能性がある、といった考察がされていました。

また当時美咲さんの行方が分からなくなったとされている方角と反対側に今回の場所があったため、こちらの捜索が手薄になったのでは?という指摘もありました。

まとめ

今回は、山梨県の道志村で発見された、人骨の大きさやDNA鑑定の結果の時期について、また発見された運動靴や靴下について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

人骨発見以降、運動靴や靴下が見つかり新たな展開を見せている今回のニュースですが、今後も見つかった枯れた沢を中心に捜索活動は続くとのことで、新たな発見があるのかにも注目が集まりそうです。小倉美咲さんとの関連性についてはわかりませんが、いずれにせよ警察によるDNA鑑定の結果待ちになりそうですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる