田口翔(山口県)の顔画像プロフィールに高校中学大学と自宅住所!現在の居場所行方に4630万円誤送金で阿武町提訴

山口県阿武町で騒動となっている4630万円の誤送金問題で、ついに町側の堪忍袋の緒が切れてしまったようです。とうとう町側は訴えを起こすことを決断したようで、それに伴って返還を拒否していた男性の正体も判明する事態となっています。返還を拒否するとして世間を騒がせていた、この男性は田口翔という名前であることが分かりました!

そこで今回は、山口県阿武町で起きた4630万円の誤送金問題で、提訴された田口翔という人物の顔画像プロフィールに出身中学、高校、大学と自宅住所、また行方が分からなくなっている彼の現在の居場所について調査してみました。

目次

4630万円誤送金の犯人が田口翔だと公開

山口県阿武町で騒動となっていた、4630万円誤送金の件では、訴える姿勢を見せ続けていた町側ですが、とうとうしびれを切らしてしまったようで、2022年5月12日に地裁萩支部に提訴しています。

またそれにあわせて、阿武町の役場の公式サイトでも返還を拒否していた男性の名前も公表されています。これまで詳しい男性の情報はありませんでしたが、田口翔という名前の人物だったことが分かりました!この件では、ネットを中心に大きな話題となっているようですね!

田口翔のプロフィール・顔画像

返還拒否していた田口翔という人物は、いったいどういったバックグラウンドを持った方なのでしょうか?調べてみた結果詳しい情報は今のところ出てきていません。分かっていることをまとめてみました。

・名前:田口翔
・年齢:24歳

その他に分かったことは、田口翔という人物が阿武町に住み始めた時期は1年半前とされています。これは「空き家バンク制度」という空き家を活用し、地域の活性化を図る制度を利用して移住してきたようです。

またネット上では、顔画像を探す動きも早速始まっていますが、同姓同名の人物も多く存在していることもあり、特定はされていないようです。民事訴訟ではありますが、指名手配のような感じのする今回の件。それだけ世間の関心があるニュースのようですね!

5月19日追記:逮捕により顔が分かりました。また文春によって過去大麻を愛用していたことが判明しています。

田口翔の自宅住所

今回名前の公表に踏み切った阿武町サイドですが、田口翔なる人物の自宅住所とされるものも、同じく公開されています。この方の住所は山口県阿武町大字福田3437番地とされています。

ですが、この家は借りた家のようで家主によると、5月分の家賃はもらっているとのことで、契約自体は今のところ続いているようです。ただ6月以降は振り込まれるか、この家主にもわからないんだそうです。今はここからいなくなっているようですし、戻ってくる可能性は低いかもしれませんね!

田口翔の中学高校大学

田口翔という人物の出身学校については、顔画像が特定に至ってはいないため、どこの学校を卒業したのかといった情報についてはありません。

報道では、県内他市在住とされる母親が説得に当たったということですから、山口県の他の市町村の学校に通っていた可能性はあると思われます!名前が出てきてしまっている以上、顔画像や出身学校といったものは、近いうちに特定されるかもしれませんね!

5月19日追記:文春の記事にて山口県山口市出身であり、地元の公立高校を中退となったようです。

田口翔の現在の居場所行方

4630万円という大金を持ち逃げ状態の田口翔という人物ですが、今現在は町側とも連絡が取れておらず、勤め先もすでに退職しているそうです。

勤め先は山口県の萩市で働いていたとされ、農林水産業に関する仕事なのではないかとささやかれているそうです。これは阿武町が移住者に対しての条件の中に、仕事に関する項目があったためそういわれているようです。

行方不明状態となっている田口翔さんですが、ネット上では、海外逃亡説も出てきているようです。いったいどこに雲隠れしているんでしょうか?

まとめ

今回は、阿武町から提訴されてしまい、名前や住所が世間にさらされてしまった田口翔という人物について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

これまで返還拒否をしてきたのは、男性としか報じられてきませんでしたから、今回の件で少しは男性の情報は出たことになりますね!ただこの田口という人の行方やお金の行き先など不明なことも多いため、引き続き裁判の行方も含め注目を集めそうな一件となりそうです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる