羽生結弦の引退は北京オリンピック2022後でいつ?近い理由に引退したらコーチで指導?

羽生結弦は宮城県仙台市出身の、フィギュアスケート選手で、早稲田大学を卒業後の現在は全日本空輸ANAに所属をしています。さまざまな大会で記録を残しており、羽生選手のことを知らない人はいないのではないかというほど、今では日本を代表する選手ではないでしょうか!

今回はそんな羽生選手の気になる今後の選手活動や引退情報についてご紹介していきます!

目次

羽生結弦は北京五輪後に引退する?もうすぐ近い?

羽生選手は2021年12月に開催された全日本選手権で2年連続通算6度目の優勝を飾り、2022年2月開催予定の北京オリンピックの代表に決定しました!そんな羽生選手ですが世界記録保持をしていたり観客を魅了する演技から、欠かせない存在となっていることは間違い無いでしょう。

ずっと日本を背負う選手でいてほしいという願いを持つファンの方も多いと思いますが、羽生選手の引退は近いのでしょうか。

現時点で明確な引退時期は明言されておりませんが、過去の取材では引退を示唆する発言があり悲しむファンの方も多かったようです!いずれにせよ、毎回の大会、ショーに対してそれが最後になってもいいよう全力で向き合っていることは間違いなさそうです!!

羽生結弦は北京五輪後に引退する可能性はどれくらいある?

https://twitter.com/online_on_ice/status/1480102080765640705?s=20

2022年2月の北京オリンピックに出場予定の羽生選手ですが、北京オリンピック後に引退する可能性はあるのでしょうか。2021年12月に開催された全日本選手権で優勝し、北京オリンピックへの出場権を獲得した羽生選手ですが、その演技後のコメントが驚きを呼んでいます。

羽生選手は「6分間練習前から泣きそうで…。あと何回こういう景色が見られるだろう」という、現役引退を示唆するような発言をしています。中には「日本で観られるのはこれが最後かもしれない」という見方をしている人もいるようです。

結論、引退宣言をしているわけではありませんが、北京オリンピック後に羽生選手が引退する可能性はおおいにありそうですね。

羽生結弦は引退したらコーチになる?

羽生選手は2018年に開催された平昌オリンピックで連覇という偉業を成し遂げましたが、その後の取材で引退後の構想について発言しています。

まだ英語ももっと勉強しなきゃいけないけど、世界中、色んなところを周りながら、スケートで本気で1位を目指している人の手助けができたらと思う」と、「僕も日本でやって、カナダで練習して色んなことを学べたし、幸い選手としてフィギュアスケートという競技で1番上のところまできたと胸を張って言える。そういう経験を伝える仕事ができたらと思う」と発言しています。

引退後はテレビ主演や、コメンテーターになるというよりは、コーチや指導する立場で活躍するというビジョンを描いているようですね!!

羽生結弦が引退するなら理由は?

羽生選手は自身の目標として、大技であるクワッドアクセル(4回転半)のジャンプを成功させることを挙げています。この技に挑むまでの道のりは大変険しいものだったようで、怪我や発熱などその時点で辞めることを考えていたようです。そこから立ち直った羽生選手はその後夢である4回転半を成功させるために努力を続けています!

北京オリンピックでもし、夢である4回転半ジャンプを見事成功させることができれば、歴史的瞬間であると同時にもしかすると羽生選手の引退に近づいてしまうかもしれません。複雑ですが、夢を達成することが羽生選手の引退理由になるのかもしれませんね。

まとめ

さて今回はフィギュアスケート選手の羽生結弦選手についてご紹介してきました。夢や目標に向かい険しい道のりを歩んできた羽生選手ですが、スポーツ選手には引退がつきもので、それを悲しむファンの方々も多くいると思います。

しかし、選手と同じ方向を見て夢や目標達成を全力で応援するのが本当のファンであると思うので、まずは北京オリンピックでの活躍と優勝に期待し、日本から見守りましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる