北京五輪オリンピック2022の生配信・ライブ中継の視聴方法とテレビ放送の日程とチャンネル

中国・北京で2022年2月4日から2月20日までの17日間開催される第24回冬期オリンピック・北京五輪(北京オリンピック)ですが、1か月を切って盛り上がりを見せています。

前回の2018年開催の平昌大会(ピョンチャンオリンピック)でも金・銀・銅すべてのメダルを獲得している日本は、今季もメダル獲得に期待されています。

北京五輪2022(北京オリンピック)生配信ライブ中継の視聴方法テレビ放送の日程とチャンネルについてまとめました。

目次

北京五輪2022の生配信できるサービスと視聴方法

gorin.jp

民放テレビ局によるオリンピック公式動画配信サイトである「gorin.jp(ゴリン・ドット・ジェイピー)」では競技の「ライブ配信」と競技の厳選シーンを届ける「ハイライト動画」期間中毎日配信されます。

こちらはオリンピック期間以外にも、日本人選手を中心とした各競技のハイライトシーン、メダル獲得シーン、オリンピック関連ニュースなどを配信しています。

また、2008年の北京オリンピック以降の競技映像を中心に、オリンピックの名場面の映像も数多く配信されています。

gorin.jp(ゴリン・ドット・ジェイピー)
https://www.gorin.jp/

NHK

NHKは総合テレビ・BS4Kでは午前10時すぎから始まる競技について生放送を中心にオンエアされます。冬季大会では初めて一部の競技を「超高精細映像BS4K」でも楽しむことが出来ます。 またNHKプラスでは見逃し番組配信も行われます。

また開会式はNHKは総合・Eテレで生中継が行われる予定、ライブ配信はNHKプラスのみとなります。大体の開会式は現地時間の午後8時から開始されます。日本と中国の時差は約1時間のため、午後9時頃から開始ではないかと想定されます。

BS1では午前10時過ぎの競技開始から生中継を中心にオンエア、BS8Kではフィギュアスケート等生中継予定、ラジオ第1ではスピードスケート・フィギュアスケート・スキージャンプなど生中継予定。

あわせて「NHK 北京オリンピック特設サイト」でもNHKで放送されたものは確認できる予定となっています。
※現時点ではまだ開設されていませんので、ご注意ください。

NHK 北京オリンピック特設サイト
https://www3.nhk.or.jp/sports/olympics/

TVer

民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」でもほぼすべての競技の「ライブ配信」と競技の厳選シーンをまとめた「ハイライト動画」期間中毎日配信されます。

日本語の実況と解説付きで視聴することが可能となり、ライブ配信はPC、スマートフォン・タブレットのアプリのみです。

テレビアプリとChromecastでは、ライブ配信はできずハイライト視聴のみとなりますので、ご注意ください。

TVer(ティーバー)
https://tver.jp/

北京五輪2022のテレビ放送の日程とチャンネル

NHK以外の民放での北京オリンピックの放送日程は、以下になります。

日本テレビ系列
2月7日(月)17:30 ~19:05 スピードスケート 女子1500m
2月7日(月)20:45~22:45 スキージャンプ 混合団体ノーマルヒル
2月8日(火)10:15~14:30 フィギュアスケート 男子ショートプログラム

■テレビ朝日系列
2月7日(月)10:15~13:40 フィギュアスケート チーム アイスダンスフリー/女子フリー/ペアフリー
2月17日(木)17:30~19:00 スピードスケート 女子1000m
2月17日(木)19:00~23:10 フィギュアスケート 女子フリー

■TBSテレビ系列
2月6日(日)20:00~21:45 スキージャンプ 男子個人 ノーマルヒル決勝
2月9日(水)13:30~15:10 スノーボード 男子ハーフパイプ予選
2月10日(木)19:00~21:00 フィギュアスケート 男子フリーハイライト

■テレビ東京系列
2月5日(土)17:40~19:55 アイスホッケー 女子 日本 vs デンマーク
2月5日(土)20:30~22:10 フリースタイルスキー 男子モーグル決勝
2月20日(日)13:00~15:30 フィギュアスケート エキシビション

■フジテレビ系列
2月15日(火)15:30~18:15 スピードスケート 女子団体/男子団体 パシュート決勝
2月15日(火)20:00~20:50 ノルディック複合 男子個人ラージヒル 10km
2月12日(土)20:00~21:45 スキージャンプ 男子個人ラージヒル決勝

冬季オリンピック競技の中でも一番といっていいほど人気のあるフィギュアスケートは民放で放送されることが多いですが、今回も放送枠が確定しています。

しかし現在テレビをリアルタイムで見ることが難しい人も多いため、全体的にライブ配信に力を入れているのがよくわかりますね!

まとめ

北京五輪(オリンピック)2022生配信・ライブ中継の視聴方法テレビ放送の日程とチャンネルについてまとめてみましたが、いかがでしたか?

まもなく開催される北京五輪(北京オリンピック)ですが、新型コロナウイルスや政治情勢などもあり、開催自体まだ不安が残っていますが、平和の祭典ということもあり放送を楽しみにされている方も多いですよね。

しかし、夏季オリンピックに比べると少なく感じますが、冬季もメダル獲得の期待が出来る競技が多いので、開幕したら大いに応援したいですね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる