大塚健のwikiプロフィール経歴に中学高校大学!出身地実家に父親母親も【北京五輪スノーボード/ビッグエア】

いよいよ2月4日に開幕する北京オリンピック。日本人選手も多く出場する人気競技、スノーボード。中でもビッグエアという見応えのある種目に出場予定の大塚健(おおつか・たける)選手。実績もある上に、端正な顔立ちのかなりのイケメン選手です。

今回は大塚健選手にスポットを当て、wikiプロフィール経歴、中学・高校・大学、出身地に実家に、ご両親について調べてみました!

目次

大塚健のプロフィール・経歴・年齢

大塚健選手のプロフィール・経歴・年齢について調べて見ました。

名前:大塚健(おおつか たける)
生年月日:2001年4月2日
年齢:20歳(2022年1月現在)
出身:神奈川県厚木市
出身校:小鮎中学校〜私立光明学園相模原高校
身長:173cm
所属:バートン

大塚健(おおつか・たける)選手は2001年4月2日生まれ20歳。身長173cm。小学6年生の時にプロ資格を取得得しました。2018年、2019年、 X Gamesという世界最高峰の大会で、スノーボードビッグエア、日本人最年少、2年連続優勝という前代未聞の快挙を成し遂げています。

2019年には左膝を痛め戦列を離れていましたが、2021年1月W杯、ビッグエアで4位入賞し復活を果たしました。
北京オリンピックスノーボード日本代表に初選出スロープスタイル・ビッグエアに出場予定と発表されています。

ということで北京五輪の結果ですが、スロープスタイルは決勝まで進むも10位となりました。そしてビッグエアですが、予選ではなんとキャブトリプルコーク1800という5回転する大技を決めて91.5点を叩きだしています!本当にすごいです。

大塚健の出身地や実家

大塚健選手は神奈川県厚木市の出身。中学、高校ともに神奈川県なので、ご実家も神奈川県厚木市ではないかと思われます。2018年の厚木市方面のタウン誌には(厚木市)飯山在住の大塚健さんとして紹介されています。

出身地の厚木市では北京オリンピック出場を市を挙げて応援している様子です。厚木市民に配られる広報誌の表紙にもなり、広報課のツイッターには、北京大会への出場決定、応援しましょうと書き込みがあります。地元に愛されてかなり熱い応援を受けているようです。

大塚健の中学高校大学

中学校は厚木市の小鮎中学校出身です。学校以外の時間は練習に費やし、海外へも遠征に行っていたようです。高校は神奈川県にある私立光明学園相模原高校です。

スポーツ選手を多く輩出している高校のようです。Xgamesで最初に優勝した時は高校2年17歳の時。次の年も優勝するなんて、すごいとんでもない快挙です!!高校卒業後は大学には進学していないようです。

学校全体でも大塚選手を応援しているようですね。

大塚健の父親や母親

https://twitter.com/takeruotsuka/status/999043581011640320

華々しい実績を持つ大塚健選手。小学1年生7歳の時、父親と一緒にスノーボードを始めたのがきっかけのようです。母親については、中学2年生で世界大会に優勝した際に、地元の厚木市にお母様と報告に行った写真がありました。大変きれいで優しそうなお母様です。大塚選手は彫りの深いエキゾチックな顔立ちですが、ご両親ともに日本人のようです。

9歳からシーズンになると単身、地元を離れていたようで、ご両親としてはさぞ心配だったでしょう。膝の怪我を乗り越え、一段と逞しくなり、オリンピック日本代表を勝ち取った息子を誇らしく思っているのではないでしょうか。

まとめ

小学1年生から始めたスノーボード。Xgamesでの2年連続優勝。膝の怪我を乗り越え、オリンピック代表に選ばれた大塚健選手の経歴、中学高校、出身地、ご両親について紹介させていただきました。

度胸の座った大技で他を圧倒するビッグエアを見せてくれると嬉しいですね!!まだまだこれからの20歳輝かしいシーンを注目して応援しましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる