大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)

世界3大墳墓!5世紀中ごろ築造とされ全長約486mの日本最大の前方後円墳。
上空から見ると円と四角を合体させた前方後円墳という日本独自の形で、5世紀中ごろに約20年をかけて築造されたと推定されています。日本最大の前方後円墳で北側の反正天皇陵古墳(田出井山古墳)、南側の履中天皇陵古墳(ミサンザイ古墳)とともに百舌鳥耳原三陵と呼ばれ、現在はその中陵・仁徳天皇陵として宮内庁が管理しています。
名称大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)
電話番号072-955-1115
住所大阪府堺市堺区大仙町1079-1
営業時間
定休日
交通手段JR阪和線百舌鳥駅8分
駐車場大仙公園仁徳御陵駐車場

“大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)” への1件のコメント

  1. 匿名 より:

    クフ王ピラミッド、始皇帝陵と並ぶ世界3大墳墓、5世紀中ごろ築造とされ全長約486mの日本最大の前方後円墳。百舌鳥耳原三陵の一つで、墳丘は3段に築成され三重の濠がめぐり10基以上の陪塚があります。

    JR阪和線「百舌鳥駅」下車 徒歩8分
    大仙公園仁徳御陵駐車場/乗用車105台(2時間まで200円、以降1時間毎に100円追加、5時間以上600円)、バス18台(1台1回1,000円)
    ◆内部非公開◆
全貌を肉眼で見るのは難しいですが、よく見えるポイントが次の3ヶ所です。
永山古墳南側の陸橋の上、JR百舌鳥駅南側の陸橋の上、堺市役所高層館21階展望ロビー(令和4年8月1日(月曜日)から当面の間、開放時間を2時間短縮します。)

コメントを残す

CAPTCHA